Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

最近、財前は「接客業」というありきたりな言葉に違和感を持ち始めています

財前はこれまでに「接客業」というキーワードを用いて銀座の会員制高級クラブの仕事について話してまいりました。

しかし、よくよく「接客業」を紐解いてみると、接客というのはほとんど全ての仕事に通じるものだなとつくづく思わせられるのです。

つまり、接客業はほとんどの業種に関係しているのです。

ですので、「接客業をしませんか?」

と求人をしていることに接客業は業種自体が幅広い分野すぎてちょっと的を得ていないアプローチだなあとも感じるのです。

それでもひとまず財前はまだ「接客業」と言い続けますが・・・w

銀座の会員制高級クラブ・ピアースビル2階にあるソニア

ところで

この接客業ですが、相手との接客を通じて、自身に良好なアドバンテージを得てゆきたいなら、貴女も相手も、それぞれが感じる「好感度の大小」が大いに関係していることは間違いありません。

好感度は「その人が考える個人的な好み」のことで、相手の対して「協力したい、お金を使いたい、支持したい、交友関係を深めたい」などの決断に大きく影響を及ぼしています。

好感度は、第三者からの評判や噂、知名度や、実績なども影響してきます。

好感度のほかに

  • 信用できる人なのかどうか

も関係してきます。

「信用」というものを紐解くと、自分にとって害にならない人かどうかを判断できることと言えそうですし

そして、むろん

自分にとって利益をもたらしてくれる存在かどうかの見極めはとても重要です。

銀座の会員制高級クラブ・ソニアに飾ってある絵画

そんな中で

自分の「利益」ばかりを優先してしまえば

相手の本来の性質(性格)面をしっかり見えていないうちに、相手を大きく信用してしまうかもしれません。

重要な決断をする際には、注意が必要です。

たとえば、経済面は100点でもモラルがなく平気で人を裏切るタイプかもしれないからです。

また

自分が相手に感じる「外見の好み」ばかりを優先してしまえば

相手の本来の性能(経済)面をしっかり見えていないうちに、相手を大きく信用してしまうかもしれません。

やはり重要な決断をする際には、注意が必要です。

たとえば、誰もが美青年と太鼓判を押すような人でも、いつもお金に困っているタイプかもしれないからです。

仕事ができる人かどうかも相手を判断する上で、重要であることは言うまでもありませんね。

そういうわけで、人をしっかりと見ることのできない人は、いつの間にやらポンコツを掴んでいることが大半です。

後で悲しんでも「トキスデニオソシ」になるかもしれません。
そうならない為にも、若い成長期の段階から、大切な視点を知っておく必要があるとは思いませんか。

銀座の会員制高級クラブの求人を通じて
貴女にとって重要な視点が、どのポイントであるのかを的を絞ってお伝えできれば幸いです。

銀座の会員制高級クラブのことなら財前和也にお任せください。