Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

コロナという暴風にものともしない名店

コロナ禍であっても、決して曇ることがない輝きを放つ、銀座を代表する会員制高級クラブがあります。

銀座には、大盛況の会員制高級クラブがある中、コロナ禍によって、閉店へと追い込まれた会員制高級クラブもありました。

この大きな差はいったいなんでありましょう。

輝きと暗の二極性。

情熱を失ったため閉店をしたのか、見切りをつけ閉店、未来がないと考え閉店、理由はいろいろあるでしょう。

来客数が減少したことが閉店へと繋がったのは明らかですが・・・

そんな大変な状況下であっても、「なんでこのお店は忙しいのだろうか」と思わずにはいられない名店があるのです。

それはそうと、全ての会員制高級クラブは単に箱(店)があるだけでは成り立ちません。

  • どれだけ魅力的な女性が在籍しているか
  • どれだけその魅力を支えるスタッフが在籍しているか
  • 代表者は代表としてふさわしいかどうか

これらは、お店が成り立つ上でとても重要です。

全ては一から手作りで成り立ちます。

手作りといえば、どの業種にもあてはまりそうですね?

ですが、銀座の会員制高級クラブは、自分の魅力が商品と言えそうで、だからこそ格別に尊いと言えると思いませんか?

きっと、あと数十年、いや数百年経とうとも、AIやアンドロイドでは到底代えられない、業種であると確信できると思うのです。

どんなに精巧に組み上げられたAIやアンドロイドだとしても、やはり人間ではありません。
緻密な計算から算出される完璧にこなされたコミュニケーション。

人間らしさを演出する為に、不器用で、感情の不安定さも見事に表現できたとしても、やはり機械という認識は捨てきることはできないでしょう。

銀座の会員制高級クラブでの接客業は、ひたすらマイノリティであり、ひたすらアナログであり、ひたすら手づくりなのです。

テレワークや、リモートワークのように、遠隔の仕事にも対応できない業種になります。

時代に合っていないと感じますか?

どちらかというと、不器用な業種であり、柔軟性がなく、不変と言えましょう。

どの業種にも親和性があるように思えて、実際、細かく紐解けば親和性がある業種は限られ、誠にミステリアスな仕事と言えます。

銀座の会員制高級クラブは、自分の魅力が商品と言えそうで、だからこそ格別に尊いと言えると思いませんか?

それと、やましいところがありません。

なぜなら、そこに格別な場所があり、所在があり、1対1の出逢い系などとは同類ではないと考えるからです。

これが、銀座に限らずになりますが、会員制高級クラブの持ち味の1つなのです。

ある富裕層いわく

「クラブなら代金が高くてもあたりまえ」

こうも言っています。

「ヒマを潰せる場所」

加えて

「だとすれば、そういう場所にはこだわって当然」

これから、コロナ禍が過ぎ去り、多くのお店が、ゆっくりとコロナ禍前の活気を取り戻してゆくでしょう。

そうすると、コロナ禍の中で、周年のパーティを控えめに開催していたり、自粛していたお店も、華やかなパーティを開催し始めてゆくでしょう。

多くの素晴らしいお客様達によって支えられている銀座の会員制高級クラブは、その素晴らしいお客様が通いたくなるような魅力的な女性達の存在あってこそ。そういった女性達に支えられている街でもあるのです。

そしてお店を大盛況に導くスタッフの存在もとても大きい。

どの業種にも親和性があるように思えて、実際、細かく紐解けば親和性がある業種は限られ、誠にミステリアスな仕事と言えます。

貴女がもしこうした大盛況の銀座高級クラブで働きたいのなら、

  • 女性として魅力的であるか
  • 人間的な魅力を兼ね備えているか
  • 周囲に愛されるお人柄を有しているか

を今一度、自分を俯瞰して見てください。

もし備わっていると思うのなら、銀座の会員制高級クラブで思う存分発揮されるのもよし!

まだ発展途上と思うのなら、さらなる自分への成長のために、銀座の会員制高級クラブで働かれるのもよし!

その過程で、貴女にとっての美しさを開花されてはどうでしょう。

ところで、銀座高級クラブで働くには
筆記試験がありませんし高度な学歴を必要としません。

実際、水商売への入り口は広いかもしれません。

しかし、銀座の会員制高級クラブの入り口はとても狭いのです。

大盛況をしている会員制高級クラブはしっかりとした人選定眼があります。

一流を目指す会員制高級クラブが、三流で妥協してしまえば閉店へと追いやられるでしょう。

一流とはなんでありましょう?

それは、ただひたすらに、ひとつのことを極めようとした者達が、辿りつく尊さだと思うのです。

ですので、「一流」とは決して自分で言うものではありません。

これは、お客様が畏敬の念をもって「見事だ」と感じたことなのです。