Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

新店情報

9月初旬にジャンヌダルクの3号店がオープンします。

もう1店舗、高級クラブがオープンします。
このクラブについては、またのちほど、店舗オーナーとお話をした上で、詳しい内容をお伝えしたいと思います。

ジャンヌダルク3に関しては、
実績がある高級クラブでして、

現在既に、ある程度の女性の採用が決まっています。

ジャンヌダルク3として採用された一部の女性は、ジャンヌダルク2預かりとして、今現在働いていただいてる女性もいます。

オープンまで、1ヶ月と1週間程度の期間がありますので、この際、移籍を検討されてはいかがでしょうか?

銀座の新店を紹介する上で特に気を使っていること

ところで
新店を紹介する上で、特に気を使っていることは、

オーナーがそのお店を、どういうビジョンを思い描いているのか。を知ることです。

特に、店舗経営の経験が浅いオーナーともなると、店がダメだったら閉店すれば良いではないか。

といった安易な結論に急ぐ人も見られるようです。

しかし、こうした、安易に閉店を決断するとしても、オーナーとしての様々な経済事情は致し方ないのかもしれません。

しかも、【無い袖はふれない】といったような、お金を払いたくても払う金がなければ仕方ないじゃないかー。といった考え方は、もしかすれば正論かもしれません。

ですが、夢、希望を抱いて、新たな気持ちを持って、その新店を選ぶ女性からしてみれば、心苦しい立場になるのは必然となるのではないでしょうか。

特に、複数のお客様を抱えていれば、なおのことです。

わたくし、財前の過去の経験の中で見てきた結論で言えば、

当初複数のお客様を抱えていたホステスさんも短期間で、お店を転々としたことで、当初のお客様の約半数以上のお客様と疎遠になってしまったというもの。

お客様からしてみれば、新しいお店は、よっぽどの人間関係ができあがっているなら、ともかくとして、慣れ親しんだお店のような居心地の良さは感じられないとのことです。

人は、新しい環境に慣れるのには、神経と体力を使うのです。

これらは、単にお金だけの問題ではありません。

財前は、新店だからといって、闇雲にオススメするのを嫌います。

新規オープンをして、ある程度の営業期間を経て、ほぼほぼ安心できると判断できたお店を紹介してゆきたいと考えています。

ジャンヌダルク3は、安心しても良いでしょう。

財前は石橋を叩いて渡るタイプです。

決してギャンブルはをせず、です。

LINE IDは zaizen78