Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

PCSMとはプライベート、コンプライアンス、セキュリティ、マネジメントのことです

  • Private(プライベート)個人的、私的
  • Compliance(コンプライアンス)法令や規則を守ること
    ※主に企業で使われる言葉ですね
  • Security(セキュリティ)安全保障や防犯
  • Management(マネジメント)教育、管理
    ※当サイトでは主に教育を指します

昨今、多くの芸能人達が脇が甘いせいか

脇が甘いとは
相撲において脇の締め付けが弱いことから、相手に有利な組み手の形になることを意味する表現。転じて、考え方ややり方などが粗雑で、注意不足なさまなどを意味する。

weblio.jp

大きなトラブルに発展するケースが増えています。

また、大きく発展するトラブルの要因の多くは、

  • 異性関係※不倫、未成年など
  • ドラッグ
  • 深酒から繋がってゆくトラブル
  • 賭博
  • 暴力

など、違法と定められているものが多いのです。

こういったトラブルで大変な状況になる人も、なにも芸能人に限ったことではありませんが、とかく芸能人のこういったスキャンダルは拡散され目立ちます。
しかしながら、一般人もこのようなトラブルがあるのです。

脇が甘い、詰めが甘いで済めばよいのですが、実際は傷跡は深く、人生において大打撃を受けることはもちろんのこと、友人知人にも深い悲しみや、大きな静止意的影響を与えてしまいます。

魔がさしたと言えば、いい訳にはなるかもしれませんが、やはり現法律上で規制されていることをしてしまえば、隠し通せるものではありません。

わからなければ大丈夫という思考回路がそもそも浅はか

誰からも見えない、隠せている。

この思考回路がそもそも間違いなのです。

むろん、プライベートなことは守られて然るべき当然ではありましょう。

しかし、法を遵守した生活リズムの徹底を心がけてゆかなければ、いつの間にかに法を破ることに慣れ親しみ、いつか露呈します。

これはとても悲しいことです。
必ず誰かが見ています。

それが、必ずその人の弱みとなります。

その弱みはやがて、大きなシミ跡となり消すことが困難となります。

Zオフィス代表の財前はこういったトラブルを防ぐ為に立ち上がりたいのです。

オレなら大丈夫。私なら大丈夫。なぜそう思うのか。

過信は過信を生み、絶対に譲れない確信となります。

これは暴君の考え方と同じく、自分に逆らう存在を排除したいとさえ思うようになります。

これは、プライドなんかではなく、尊厳やワガママでもありません。

実際これらは、インチキでまがい物です。

つまり、適切な精神レベルではないのです。
むろん、こういった自分の性格をよく知り、それが自分であって、自分の性格だから誰にも文句を言われることはないと考えている人もいます。

潔いといえばそれまでです。

しかし、そういった自分を認めてしまえば、いつしか周囲とギャップが生じ、いつしかなにやら、おかしいという異変に気づくことになります。

この異変は漂い、見る人の直感が「なにやらおかしいぞ」となるのです。

しかし、こうなってからはもう後戻りすることが困難な状況です。

大切なことは、どこかのタイミングでリセットすることです。

なぜ、圧倒的に目立つ人がスキャンダルを起こすのか

芸能人のマネジメントを担当している人はいったい何をしているのか。

と目を疑ってしまうようなスキャンダルをたびたびSNSやなんかで知ると悲しくなります。

なぜなら、未然に防げたものばかりだからです。

プライベートを追求することは、自分自身の不正を全て覆い隠すことではありません。

限りなくプライベートが守られることにこだわり続ければ、自分自身を見ることができるのはやはり、自分自身しか存在できなくなるのです。

ですが、その自分が違法なことを許す不正に慣れた自分自身になってしまえば、もはや誰も自分自身に忠告してくれる人はいなくなるかもしれません。

多くのスキャンダルの数々、いやそのほとんどのスキャンダルは密閉の空間で行われたことが大半でありましょう。

決して開かれた空間ではありませんでした。

なお、自動車事故等(飲酒運転含む)もやはり脇が甘いというか、信じられない事故といえましょう。

やはり、自分だけは大丈夫だと思い込んだことによる失敗です。

あまりに無知で騙される、悪意のある策略にはまってしまうことも

たとえば、典型的な美人局で騙されてしまうこともあります。

芸能人は、とかくそういう傾向が高く、どうしても得体の知れない女性男性を好んでしまう場合が見受けられます。

安全な女性(男性の場合も)かどうかの見分けがつかないのです。

直感が正常に働くこともあります。
直感ではそれが危険を告げていることを知りながら、自分の都合の良い方向に自ら事実を歪曲させて、大丈夫だと信じる場合もあります。

たとえば未成年の場合なんかはそうです。
直感では?クエスチョンマークが思考回路のさまざまに飛び込んできてはいるのに、本人の身分も知らぬままに事を起こしてしまうとか。

こういう場合は、しっかりとチェックをする役割を担った担当者の存在は急務でしょう。

なんにせよ、欲に対する衝動はとどまることを知りません。
ブレーキが正常に動作するかどうかは、定期的にメンテナンスをしておくべきかと思います。

自分に甘くなっていませんか?自分のことをなんでも許していませんか?

なんにせよ、相手に優しかろうが、甘かろうが、だからといって自分に甘いと、のちのちトラブルに発展するリスクになる可能性に対しても、許し続けていればとんでもないトラブルを招いてしまうかもしれません。

また、自分にとって都合の悪いことは、見てみぬフリをしてしまうことで、のちのち大きなトラブルに発展させてしまうことも。