Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

貴女は自分の気分を自由に操れますか?

貴女は気分屋ですか?

それとも常に冷静に日常を過ごしています?

気分が沈むと、顔の表情が曇って見えると思いませんか?

曇っているという言い方は、つまり顔色がワルいということなのはご存知かと思います。

逆に、気分が良いと、顔の表情はパッと明るく見えます。

つまり、顔色がイイねということです。

とかく、人と接する仕事(接客業)をしている場合は、この顔の表情はとても重要視されることになります。

たとえば

接客をされるのなら、顔色がワルい人には何かと近づきにくいと思いませんか?

やはり

接客をされるのなら、顔色が良い人になら近づかれ、営業されても「まあいいか」「大丈夫そうだし」となるでしょう。

それが魅力的な人であるならば、なおさら歓迎されるでしょう。

銀座の会員制高級クラブで働くホステスさんは気分の操り方が実に上手

本当は気分が沈んでいるのに、ムリに明るく努めていても、見る人から見ればバレバレであることが大半です。

つまり、顔の表情を操ってもダメなのです。

気分を操る必要があるのです。

ところで、気分の生成自体をコントロールすることはできません。

しかし、生成された気分を操ることはできます。

たとえると
「コントロール」は制御するという意味合いが強く、「操る」とは糸人形のように動かすことに似ています。


ちょっと上手に言葉で伝えることができません。

気分の生成は、自分自身の気持ちや思考の上で関係しており、つまり自分自身に起因しているのですが、不意に訪れる外因性が元で生成される気分もとても多いのです。

たとえば、外を歩いていれば

変だなと思う人がニヤニヤしながら貴女にウインクをすれば、「なにあいつ?超きめえ」と不愉快な気持ちになるはずです。

スーパーやコンビニで並んでいるときに、前に並んでいる太った外人さんが思いきっリオナラをかけてくれば、不愉快を通り越して、最悪な気持ちになるはずです。

銀座の会員制高級クラブで働くホステスさんは気分の操り方が実に上手

また、

ツイッターやインスタ等で、自分の誹謗中傷などを読んで、不愉快な気持ちになるばかりか、気分を谷底の果てまで沈めてしまう場合もあります。

つまり、気分を下げる出来事は、そこらじゅうに転がっているのです。

まず1つ知っていただきたことは、気分が落ちている状態の時は、無敵の状態から相当かけ離れていることを、今一度知っておくべきでしょう。

「そんなことなど知っている」と思うでしょうが、自分自身を俯瞰してみることのできていない人は、今現在のこの一瞬の自分の状況を把握することができず、気分に流され自分を操ることを放棄している人が多いのです。

つまり、「気分」に貴女自身をジャックされてしまっている状態なのです。

頭ではわかっていても、不愉快になることを日々繰り返してしまう人は実際に少なくはありません。そういう人の中に「そんなことなど知っている」とただ知っているだけで、気分を操れない人が多いのです。

無敵の状態は、気分はまさに快の状態であり、ゾーンに入った状態と言う人もいます。

この無敵の状態は、温かい雰囲気と明るい雰囲気を放ち、自信に満ち溢れていれば、それを覇気と言う人もいますし、ある人はオーラーと伝える人もいます。

つまり……  続きはまた今度に。

銀座の会員制高級クラブで働くのなら財前和也にお任せください。