Zオフィスだから可能な、ハイクラスを望む女性の為の会員制高級クラブを特別採用枠でご紹介!

P,C,S,Mシステムの創設の理由について・序章

財前は今まで、その人が仕事で初心者のときに担当し、その人が成長するところまでを目の当たりにしてまいりました。

成長とは、人としての成長とも言えまして、それは普通に過ごしているだけで何らか成長するものですし、遊んでいたって人の心は成長するように思えます。

年齢を重ねることによって、それを成長と言う人もいることでしょう。

そんな中でも、人は激的な成長を遂げることもありますし、緩やかに成長する人もいると思います。

人によって異なりますが、

  • 仕事を通じて
  • 人間関係を通じて
  • 遊びを通じて

成長しますし

上記に挙げた3点をもっと掘り下げてみると、他にもいろいろあります。

それは、

  • 恋愛だったり
  • 旅行だったり
  • 読書だったり
  • その他にも

つまり、成長に繋げようと思えば、どんな活動からも成長に繋がるのです。

ところで、
冒頭に戻りますが、

財前は、仕事を通じて知り合った男女を担当してきて、その人達が当初初心者で自信がない頃から、
仕事を覚え、仕事の中で自信を得られ、胸を張る人生までを軌跡を目の当たりにしてまいりました。

つまり
成功した人をたくさん担当してきたのです。

一方で、そういった人の中には

  • 感謝を持ち謙虚であり続ける人
  • 感謝を忘れ自信過剰になり、天狗になった人

大きく分けて上記に挙げた2つに分かれました。

なぜ感謝の気持ちが、必要なのかは又の機会にお知らせしたいと思います

残念ながら後者の【自信過剰で、天狗になった人】の90%以上が後々失敗し転落をしてゆきました。

財前はどうして、
そういった人を止められなかったか、何度も悔しい思いをしました。

財前は、担当する男女にさまざまなことをアドバイスしています。

そのアドバイスの中には、目から鱗とも言うべき、珠玉の秘伝も含まれています。

つまり、その人に勝ち方を教えています。

そのおおよその内容は、感情のコントロール方法に繋がるものです。

このアドバイスが功を成したこともあるのではないでしょうか、
その人達はどんどん成長をし、出世を果たすのです。

出世の果たし方は様々で、

キャバクラなら
指名の獲得方法から、継続して指名させる方法

ニュークラブなら
指名の獲得方法から、女子の中でボスになる方法

また、感情のコントロールは必須となるでしょう。

銀座の高級クラブなら
どの要素が、人から可愛がられるかを指南します

六本木の高級クラブなら
ダイエット方法、ダイエットの指南も含めることもあります

そういった過程で、財前は担当する男女に自信に繋がるお話もします。

それから後々、さきほど申しました2つの人達に分かれるのです。

P,C,S,Mシステムの創設の理由について・序章

再度重ねて申しますが

  • 感謝を持ち謙虚であり続ける人
  • 感謝を忘れ自信過剰になり、天狗になった人

です。

【感謝を忘れ自信過剰になり、天狗になった人】

は、ある時期から連絡が取れなくなってしまうのです。

そして、あくる日に人づてにその人のこと状況の報告を受けたり、数年後にニュース等でどうなったのかを知り、悲しみに明け暮れることになるのです。

そのニュースは

  • DVによる逮捕者もいました
  • 薬物による逮捕者もいました
  • ホ○トにはまって、○ー○ランドで働かざるをえない人もいました
  • そのお店で問題を起こして解雇された人もいました
  • よからぬ人と交際をはじめて堕落した人もいました

まだまだ挙げればキリがありません。

つまり、【感謝を忘れ自信過剰になり、天狗になった人】がどんな理由で没落したのかを見てきたわけです。

この数十年の間に財前がわかったのは、

「人は好き勝手に生きたい生き物」であるということです。

これを知っている人は財前に限らずです。

おそらく、みんな知っていることです。

ですが、やはり

「人は好き勝手に生きたい生き物」ということなのです。

何事にも、果てがあり、限界があります。

そして、この世の中にはルールがあります。

その中に日本のルールがあり

職場には独自のルールがあり

業界には業界の暗黙のルールがあることもあるのです。

私達はこのルールを厳守する必要があるのです。

なぜ、このようなお話をするのかというと、人が、どんなことで没落してしまうのかを見てきたわけですから、

ですので、どんなことを気をつけるべきかを皆さんに伝えたいのです。

なぜなら、最近の芸能人の不祥事はもっとも目に余る内容のことばかりだからです。

こんなの、未然に防げることばかりなのです。

つづく